2006年01月06日

■ ほんとにほんとにほしいもの - ベラ B. ウィリアムズ作の3部作(あかね書房 )

おすすめの絵本の3部作です。

 かあさんのいす
 ほんとにほんとにほしいもの
 うたいましょうおどりましょう


私が最初に読んだのは、3部作の1作目 ■ かあさんのいす でした。

長男が小学生のときですから初めてであったのは10年以上も前になるでしょうか。

この本を読んだだけでは、ちょっと辛いものがあって、
読み聞かせは気分が乗りませんでした。

なぜって?絵本の中のお母さんが疲れてて、私の姿と重なったんです。
そのころは保険会社の外務員として働いていたのでとってもハードでしたから。

でも、二男は、お母さんと子どもが一緒にイスに座っているページが好きなのでしょう、

読んで欲しいと本棚からいつも持ってきていました。


ある日、イベントの絵本の展示コーナーで、残りの2冊に出会ったのです。

 ■ ほんとにほんとにほしいもの
 ■ うたいましょうおどりましょう


すぐにわかりました、同じ作者であることは。

1ページ、1ページの隅から隅まで描かれた細やかな心遣いにも感動しましたし、

何より、人生がこの3冊に表現されている、すばらしいという思いがこみ上げ、

この本に出会って本当に嬉しくなったのです。

2冊目の『ほんとにほんとにほしいもの』が
金銭教育の絵本として取り上げられやすいのですが、

3冊そろって読んでいただきたいのです。

大人も人生を考えることができる3冊になることでしょう。

ぜひ、子どもさんと一緒に読んでいただきたいですし、
小学校の図書館にもそろえて欲しいですね。

posted by じんない at 16:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11388834

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。